サクライの作家ライフ備忘録

イラストメイキング、漫画の描き方、その他イラストに関して考えていることなどを発信しています。

気疲れ半端ない。帰宅後何もやる気が起きない問題について

スポンサーリンク

f:id:mos39:20190428210440j:plain

最近、コンタクトを外すと同時に電源オフになるサクライ(@sakurai_39_39)です!

いやっもうほんとにね、ご飯食べるのも面倒くさいくらいに何故か疲れ果てているんです。

家族と話す気力すらないという感じで、寝起きみたいな感じになっています。

もう誰も話しかけないでくれ…という感じ。
家族のことが嫌いとかそういうわけでは全然なくて、純粋に単純に、本当にただ体力と気力が空っぽなんです。

帰りの電車まではブログを書いたり活動的なんですが、家に帰った途端にドバッと疲れが押し寄せてくる…。

これからが私の時間なのに!!ともどかしくなります。


プツッと電源オフになる。誰かホイミでいいからかけてくれ

家に帰ってご飯作るじゃないですか。
で、食べるじゃないですか。
食べてる時に思うんですよ。

ご飯食べるの面倒くさい…と。

もういい、ご飯いらん、何もしたくない、寝たい?いや、寝たいわけでもない、風呂?そんな体力ない、ブログ書きたい、漫画描きたい、絵描きたい、英語の勉強したい、疲れた。

ひたすら脳内こんな感じです。

家族と話す気力すらなくて、もうとにかくご飯詰め込むことで精一杯なんですよね。


そんなこんなで、ご飯食べ終わって「さあパソコンに向かうぞ!これからが今日のスタートだ!」みたいな、気持ちだけはそんな感じなのですが、いかんせん体が超重い。

「あ〜ぅどっこらせっと」とため息混じりに椅子に腰掛け、パソコンに向き合い、ぼちぼちエンジンをかけようと努力するわけです。


この時点で、早い時で21時前。


f:id:mos39:20190428210104j:plain

もうこれしかない。
脳内メーカー(懐かしい)で見てみたら疲労疲労疲労みたいな感じですよ多分。


いや、待って待って、なんでこんな疲れてんの?

と1日を振り返ってみると、常に誰かと一緒で気が休まらず、常に何かを話して過ごしていた日中を思い出すのです。

そりゃ疲れるわ。
ベホマとは言わん、誰かホイミでいいから私にかけてくれ…。


スポンサーリンク




気疲れの原因は「常に誰かと一緒」「キャパオーバーの会話」

ちなみにですが、私は販売員なんて仕事をしているくせに、人と話すことが好きではありません。
というか最近では、寧ろ嫌いですね。

いやっちょ、ごめんなさい、じゃあ販売員なんてしてんじゃねーよとか石投げんとって。

自分は話すのが好きじゃないって気づいたの、最近なんです。

いや、まあ家族とかと話すのは嫌じゃないんですが、何ですかね、好きな人との会話は好きみたいな感じですね多分。

でも基本的に口数は少ないですし、沈黙も苦にならないタイプです。


ちなみに話すのが好きじゃない理由としては、話すことが凄く体力を使うことだからです。

単純に疲れる。うん。

声を出すということ自体もそうですが、考えたことを口に出すって凄く疲れるし、そして本音と建前とか、とにかく面倒くさい。


だから私は絵を描いたり字を書いたり、またこんな風にブログを書いたり、「口に出して伝える」以外の方法を好んできたんだな、と最近気づきました。

こっちの方が冷静に、自分の思いを伝えられますしね。


そして、常に誰かと一緒にいるという苦痛…。

休憩は、狭い休憩室や売り場のストック…とにかく常に誰かと一緒です。

原則外出禁止という百貨店ルールがありますが、近場のコンビニくらいなら皆さん行っているので、たまに外に行くこともありますが、落ち着ける場所はないんですよね。



とまあこんな感じで気疲れなどを引き起こし、家に帰ると電源オフになるわけです。

あれやりたい、これやろう!と思って、本来であればそれらに自分の全体力を回すところを、日中のどうでもいい人とのしょうもない会話などで無駄に消費してしまっているみたいですね。

勿体なっ!

こんな日々を続けないために、有意義に自分の時間を使うために、今は色々試行錯誤中です。

帰宅後何もやる気が起きない問題、早いうちに解決したいですね。


何も解決しないままですが、書いてスッキリしたので今日はこの辺で。
ブログってやっぱり良き。


スポンサーリンク



スポンサーリンク