サクライの作家ライフ備忘録

イラストメイキング、漫画の描き方、その他イラストに関して考えていることなどを発信しています。

私がYoutubeではなくブログを書く理由

スポンサーリンク

f:id:mos39:20190429091114j:plain

最近、ブログを書くのが楽しすぎるサクライ(@sakurai_39_39)です!

ブログいいですよね。
自分の頭や気持ちを整理できますし、改めて自分を見つめ直すいい場になってます。

じつは私は、小・中学時代にもブログをやっていました。
その時はYahoo!のブログサービスを利用しており、漫画のことや日記などを好きなように綴っていましたね。

最近ではTwitterInstagramも流行り、それらで自分のことを発信するようになっていました。

が、長文も書きたいし、自分のことを振り返ったり経験談をまとめるなら、やはりブログだなぁということで、再びブログを書き始めた次第です。


ちなみに最近は、YouTubeがめちゃめちゃ流行っていますよね。
私もYouTube大好きです。

動画編集なんかにも興味がありますし、多分動画編集もやり始めたらハマると思うんですよ。

一時期は、新しくやるならYouTubeかブログどっちにしよう?と考えた時期もありました。


でも私は、YouTubeの動画ではなくブログで自分を発信しています。


その理由は簡単。
私にはブログの方が合っているからです。

文章を書くのが好きで、喋るのは苦手かつあまり好きじゃない

www.mos-note.pink

こちらの記事にも少し書いているのですが、最近になってあまり、話すという行為が好きではなくなりました。


というわけで、話すのが得意じゃない&あまり好きでもない私には、後々YouTubeはしんどくなりそうだな、と思ったのです。

そして先にも書いたように、私は過去にもブログをしていました。
なのでブログを書くということの方が、動画を作ることよりもハードルが低く、挑戦しやすかったのです。

黙々と文章を考え、書くのも好きですしね。


スポンサーリンク



「喋る」よりも「書く」方が素になれる

皆さん、中学校の時など、先生と交換日記みたいなのをしたことはありませんか?

私の中学校ではあったんですよ。
日々のなんてことない内容を、毎日数行書いて先生に提出する…。

そして先生はそれを読んでくれて、コメントを返してくれるのです。
そこにある日、(うろ覚えですが)先生からこんなお返事が書かれていました。


「こっちが本物のサクライ。みんなにバラしたい〜」
f:id:mos39:20190429091131j:plain

どんだけハイテンションで書いてたんでしょうね、私。
何を書いたかは覚えていないのですが、先生からのコメントは今でも印象に残っています。

でも確かに、マニアックな内容の話で、かつ普段の自分からは想像できないようなテンションで書いていた覚えがあります。

今思えば、Twitterみたいな感じでしたね。


とまあ、他者からそう言われるくらい、昔も今も文章ではこのように自分を晒け出せるのです。

普段どんだけ猫被ってんだよって話ですよね。
あ、だからあんなに気疲れするのか。納得。


というわけで、「喋る」よりも「書く」方が素になれる私は、唯一本当の自分を晒け出せるブログが最高の息抜き場なのです。



自分の特性的に、ブログが適していただけの話

以上をまとめると、喋るよりも書く方が好きで、かつ自分を晒け出せるブログが合っていたというだけの話です。


ただ、イラストメイキングなどは一々記事にするのが中々大変なので、こういうのは動画で残すのもありかな〜とも思っています。

喋り一切なしの、タイムラプスでまとめただけの作業工程動画とかいいですよね!
残したいもの、発信したいものに合わせて使い分けるのもありですよね。

というわけで、YouTubeよりブログの方がいいなんて言うつもりは、これっぽっちもありません。
YouTubeも大好き。面白い動画いっぱいありますもん。


なので、どっちがいいとかではなく、自己表現をしたいと考えている人は、自分に合っているもの、自分がしていて楽しい媒体を選べばいいと思います。

勿論、YouTubeとブログ以外にも色々あると思いますが、趣味であれば、時代的に流行るかな〜とか、あまり考えなくていいですよ。

楽しく自己表現しましょう。


私はブログが大好きで、ブログが合っています。
ブログで色んなことをこうして話せるので、最近は友達と会うよりもブログを書いていたいな〜と思うようになったくらいです。


好きな時にブログを書いて、絵を描いて、漫画を描いて、書道をする…そんな作家ライフに憧れる今日この頃です。


それでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


スポンサーリンク



スポンサーリンク