サクライの作家ライフ備忘録

イラストメイキング、漫画の描き方、その他イラストに関して考えていることなどを発信しています。

それは本当にスランプ?絵が描けなくなった時に考えたいこと

スポンサーリンク

f:id:mos39:20190730220952j:plain

最近取り憑かれたように眠っているサクライ(@sakurai_39_39)です!
さて、思うように絵が描けない…そんな時ありますよね。

絵を描くという大好きな行為が、なぜか急に苦しくなった。
なぜか思うように描けなくなってしまった。
自分って、こんなに絵描くのヘタだったっけ?と思うようになった。

こんな状態を、一言で表すなら「スランプ」という言葉が当てはまるかと思います。

でもそれ、本当にスランプですかね?
案外もっと、別のことが原因かもしれません。


というわけで今回は、スランプかもと悩んでいる人へ、不調でもスランプと意地でも認めない私が出した、「絵が描けないスランプ以外の原因」についてお話していこうと思います!


それでは早速参りましょう!

そもそも、絵描きにとってのスランプとは?

そもそも、スランプとは何か?についてですが、スランプについては以下の通りです。

気力や体調が一時的に衰え気味で、仕事の能率や成績が落ちる状態。

コトバンクより引用)


これを絵描きに当てはめてみると、「満足のいく絵が描けなくなる」「描いていても楽しくない」
こんな感じになることと思います。

結果として、絵描き活動が楽しくなくなってしまったり、自分の実力や絵に自信がなくなり、絵が完成できなくなる、ということが起きてくるわけです。

私が自分の不調をスランプと認めない理由

私も過去に一度、本当に絵が描けなくなった時がありました。
あの時のことはもうスランプだったんだ、と認めていますが、それ以降も勿論、「ちょっと最近調子悪いな」と思う時はあります。


絵を描きたい!という強い思いはあるものの、描けども描けども完成させられない。
しっくり来るラフができない。
前はもっとかわいい顔が描けていた気がする…。
なんかもう疲れた。


などなど。
ですが私は、この程度の不調であれば、絶対にスランプとは認めません。

それはなぜか?
スランプだと思えば、本当にそうなってしまうからです。

とまあ、こんなふうに片付けてしまうと、根性論というか精神論みたいな感じで終わってしまいそうなので、もう少し。


「絵が描けなくなった」時、意外と原因は「絵以外」のところにあることがあるということに気づいたのです。


スポンサーリンク



不調の原因は、ただの疲労

絵を描くという行為は、本当に体力を使います。
好きなことをやるんですから、当然です。
勿論絵に限らず、好きなことをする時は、全力なわけですからね。


言ってしまえば、楽しいけど疲れるわけです。

で、考えてほしいのは、まず第一に「絵に回せる体力や元気が、今の自分にあるか?」ということなんです。

ちゃんと寝ていますか?
ちゃんと食べていますか?
ストレスなどが溜まって、精神的に参っていませんか?

生活リズムの乱れなどから疲労が溜まると、頭もちゃんと働かなくなってしまいます。

そもそも絵を描く為の体力も尽きそうな上に、頭も回っていないとなると、何を描いてもピンとこなくて当然なんです。

人間ってやつは、好きなことならどれだけ体がしんどかろうが、やりたいと思いますしできそうな気がするんですよね。

これがとても厄介なところです。

でも、心身ともにベストなコンディションの時に比べると、遥かに集中力や判断力は鈍ってしまっています。


f:id:mos39:20190730220535p:plain
描いている時はピンと来なかったラフや絵が、後日見てみたら案外良かった、という経験はありませんか?
私はこれが結構あるのですが、これはまさに、自分のコンディションが関係している証拠だと考えています。


私自身、何を描いても満足できないという不調に陥った時は、仕事で疲れている、寝不足、嫌なことがあった…等々、生活面での疲労が溜まっていました。

どれだけ好きなことでも、心身共に疲れている時はできません。

無理にやっても満足はできませんし、何ならそこから本当のスランプに陥ってしまうこともあり得ます。
そうならない為にも、少しでも絵の不調を感じたら、まずはしっかり休息をとって下さい。


まとめ:スランプと決めつける前に休息を

というわけで、スランプかもと悩んでいる人へ向けたお話でした。

程度に関係なく、好きなことが「何だか楽しくない」と感じてしまうことは、とても苦しくショックなことですよね。
そうなってしまった時は、「あースランプだ!」と早々に決めつけるのではなく、まずはご自身の生活を見直してみて下さい。

絵に回せる体力や、好きなことを心から楽しめる気持ちの余裕があるかどうか、自分の生活を振り返りながら、考え直してみて下さい。

ちなみに疲れている時、絵に関して不調に陥ってしまった時、おすすめなのは寝ることです。

気分転換にカフェ巡りしたり、ジムに行ってみたり、違うことをして体力を使うのではなく、とにかく寝ること。

寝るに勝る気分転換ってないと思います。
疲労も回復できて、一石二鳥!


というわけで、「描けない」ことに苦しんでいる方、すぐにスランプと決めつけてしまうと、本当にそうなりかねないので危険です。
すぐにスランプだと決め付けないで、まずは生活を見直して、必要であればじっくり休んでみて下さい!


最後まで読んで下さり、ありがとうございました!



スポンサーリンク



スポンサーリンク