サクライ ブログ

漫画を描いたり、透明水彩で絵を描いたり。制作記録や絵のお仕事のことを発信中。

透明水彩イラストにも◎コピックマルチライナーで線画を描いてみた

スポンサーリンク

f:id:mos39:20220305183358j:plain

どうも、サクライ(@sakurai_39_39)です!

今回は、コピックマルチライナーで線画を描いてみた」レポをしたいと思います。

そう、アナログイラストを描く時の線画は専ら鉛筆派だった私が、この度コピックマルチライナーで線画を描いてみたのです。

鉛筆派の話は、以下の記事でも書いています

www.mos-note.pink

いつもと違う画材を使ってみての感想や気づき等についてまとめてあるので、アナログイラストの線画について悩んでいる方の救いになれば幸いです!



コピックマルチライナーって何?

コピックマルチライナーは、イラスト、漫画、ペン画などに最適なドローイングペンです。
耐水性、耐アルコール性の顔料インクのドローイングペンなので、コピックのインクがにじまないようになっています。

全部で10色という豊富なカラーバリエーションに加え、カラーによりますが、0.03~1.0mmの幅広い線幅の商品展開になっています。

ちなみにコピックだけじゃなく、透明水彩を使ってもにじみませんでした!

今回使用した色

f:id:mos39:20220304090413j:plain

(太さはすべて0.05mm)

  • ウォームグレー…主に瞳の淵やセーラー服の白い部分(襟、スカート以外)
  • セピアやワイン…主に顔や肌、前髪の一部
  • コバルト…主に髪
  • ラベンダーとピンク…主に毛先、肌

ちなみに上記のような感じで、色を使い分けてみました!

それぞれ色の使い分けについては、色塗りの際に使う色に馴染むよう選んでいます。
(例:肌→ピンクっぽい肌色で塗るので、セピアやワイン、ピンク等の赤みがある色味…という感じ)

いざ、線画を描いてみた

f:id:mos39:20220304085614j:plain
f:id:mos39:20220304085619j:plain
f:id:mos39:20220304085616j:plain

ウォームグレー最強…!

実際に線画をマルチライナーで描いてみて一番に思ったのが、ウォームグレーは基本的にどこのパーツでもめちゃめちゃ使えるということでした。

線画としてあまり主張してほしくない箇所(今回で言えば、瞳やバックのすずらん等)でも、薄いのにしっかり線画を描けて、しかも仕上がりは絵の具と綺麗に馴染んでくれました

また、今回は色々な色を使って線画を描きましたが、パーツ(箇所)によってペンの色を使い分けることも、とても楽しかったですね(^o^)

鉛筆での線画の作品と比べてみる

▼線画:コピックマルチライナー
f:id:mos39:20220305165337j:plain
▼線画:鉛筆
f:id:mos39:20220305165137j:plain

鉛筆で線画を描くと、マルチライナーで描いた時よりも、よりふわっとした印象に仕上がる気がしますね。

という感じでしょうか…。

コピックマルチライナーで線画を描くのは、どんな人におすすめ?

個人的には、線画の存在感がしっかり欲しい・ハッキリした線画を描きたい人におすすめだと感じました。

私の作風だけで言うなら、よりはっきりとした透明感が仕上がりから感じられたのは、鉛筆よりもコピックマルチライナーでした。

厚塗りチックなふわっとした柔らかさよりも、パキッとしたシャープな仕上がりを好む方には、おすすめの画材だと思います◎

まとめ

というわけで、コピックマルチライナーで線画を描いてみたというお話でした!

鉛筆での線画にも、コピックマルチライナーでの線画にも、それぞれ良いところがありますよね。
「何が良い」ではなく、個人的な好みの話になると思うので、いろいろ試してみて自分のお気に入りを見つけてみてください◎

こちらもいかが?

www.mos-note.pink

今回参考にさせていただきました

copic.jp

スポンサーリンク



スポンサーリンク