サクライ ブログ

漫画を描いたり、透明水彩で絵を描いたり。制作記録や絵のお仕事のことを発信中。

イラストレーターが、趣味・好きなことを仕事にしてみて思うこと

スポンサーリンク

f:id:mos39:20211205212703j:plain

どうも、サクライ(@sakurai_39_39)です!

さて、私は子どもの時から会社員時代まで、「いつか、絵を描くことを仕事にできたら」とずっと思っておりました。

そんな私も、フリーランスイラストレーターとして開業してから早1年…。
私にとっては趣味でもある「絵を描くこと」を仕事にしてみて、どうだったか?

思うところを書いていきたいと思います。



趣味・好きなことを仕事にしてみて思うこと

私は、絵を描くという好きなことを仕事にして、本当に良かったなぁと思います。

フリーランスのイラストレーターになって良かったこと・悪かったこと」の記事でも書きましたが、好きなことや趣味を仕事にできるって、凄くありがたいし本当に本当に幸せなことです。

自分が好きなことで誰かに喜んでいただけたり、自分の特技で誰かのお役に立つことができ、日々充実感や達成感を感じられます。

毎日、
「今日は何を描こう」
「新作イラストの額装、どんな感じにしようかな~」
「昨日のラフ、ここを変えたらもっと良くなるよな~」
というようなことを自分で考えて活動するのが私にとても合っているなと思いますし、毎日が楽しくて仕方ないです。

www.mos-note.pink

趣味や好きなことを仕事にする前、不安だったこと

今はマイペースに作家活動をしているように見えるかもしれない私も、じつは開業前は以下のような不安に苛まれておりました…(^o^)

  • お金になるのか
  • 好きなことを嫌いにならないか
  • 会社員を辞めることで、周りからの目が気になる

好きなことや趣味でお金を得るって、楽しいけど本当に大変です。(それで生計を立てようと思うなら尚更)

「今月は仕事があったけど、来月はないかも」という不安も付きまといますし、「1日中ずっと好きなことをしていたら、いつか嫌になるかも」という不安もありました。

その他にも、「会社員」というステータス…「社会的信頼」を手放すのも、かなり勇気がいりましたね。

「趣味や好きなことを仕事にする」を深く考え過ぎない

不安で不安でどうしても「もうフリーランス無理!!」ってなったら、またどこかで働けばいいんです。

好きなことを嫌いになったら、一旦休めばいいんです。

開業したからって、「じゃあもう二度と会社員になったらダメですんで」というルールは勿論ありません。笑
開業してしばらく頑張ってみて、「あっ全然稼げないわ☆」ってなったら、またどこかで働けばいいじゃないですか。

一旦、好きなことを仕事にしようと思って行動したなら、ダメでも諦めもつきますし、自分の人生に納得がいきます。

「好きなことで稼ぐって決めたんだから、絶対に死ぬまでやり通さないと!」なんて思わなくてOKです。

勿論、やるからには自分的成功を収めるためにも入念に準備をする必要はあります。
でも、「絶対に失敗できない!!!」まで思うと気が病むので、準備はしっかりした上で「ダメになったらどこかでまた働こう」くらいのライトな気持ちでいる方が、マイペースに頑張れると思うのです。

▼好きなことでも嫌になる時はあって当然▼
www.mos-note.pink

まとめ

私は、フリーランスイラストレーターとして自分の趣味や好きなことを仕事にしてみて、本当に良かったなぁと心から思います!

私にとって会社員を辞めるということは、社会のレールから外れるような感じで、かなり勇気のいることでした。

「好きなことをやる」とか、「自分がいる環境の中での多数派の生き方から逸れる」というのは、本当に勇気がいることです。

でも、踏み出してみたら、案外何てことありませんでした。

ありがたいことに仕事も来ましたし、私が会社員じゃなくなっても周囲の目は優しかったです。
怖かった確定申告も何てことなかったですしね!笑

▼関連記事▼
www.mos-note.pink
www.mos-note.pink


絵を描くことを仕事にできて、私は毎日幸せです。
今が人生の中で一番楽しい!っていつも思います。

ありがたいなぁ。

こちらもよろしくお願いいたします**

水彩イラストまとめ:pixiv
恋愛エッセイ漫画:Instagram
原画やグッズ販売:minne
透明水彩メイキングなど:Youtube

スポンサーリンク


スポンサーリンク