サクライの作家ライフ備忘録

イラストメイキング、漫画の描き方、その他イラストに関して考えていることなどを発信しています。

「趣味」を言い訳にしていることに気づいた日の話

スポンサーリンク

f:id:mos39:20190502205543j:plain

最近休みの日は近所のスーパーくらいにしか出かけなくなったサクライ(@sakurai_39_39)です!
引き篭もってひたすら絵を描いたり漫画を描いたり…幸せです。

そしてこちらの記事でも書いた通り、現在書道の稽古を休みまくっています。

▼2時間半先生にこってり絞られて、お疲れのサクライ
www.mos-note.pink



昇段試験が終わり、すっかり気を抜いています。
毎週稽古に行って偉かったよ自分…凄い凄い…。

大きい作品を書くのも疲れますが、何よりいつもの稽古よりも先生の力の入りようが凄まじく、それに応える疲労もやばいです。


とまあそんな中、昇段試験締切の日に「夏の県展どうする?」と聞かれたのですが、私はその場で「今年はやめときます」と返事をしました。

昇段試験での疲労などが解消できていなかった私は、「とにかく今は休みたい」という思いが強く、とても今すぐにそんなプレッシャーに耐えられる気がしなかったのです。

「強制はできないけど」と先生は言っていましたが、

「できたら毎年出した方がいい。
仕事が忙しいのはわかるけど、それでもみんなどこか時間を作ってやってるから」

とのこと。


んなこたわかってる。

そんな先生への反論のあとに(勿論言ってませんよ)、

そうは言っても、やりたいことは書道以外にもある。
毎週稽古に2時間半も費やすのは、時間的にも気持ち的にもしんどい。

と、たくさんの理由が出てきました。
そして極め付けは、趣味なんだから楽しくやりたい、という心の叫び…。

何も間違ったことは言ってないと思います。
が、ここまで思った瞬間、私はすぐに気づきました。


私、「趣味」って言葉をいいように使って、かつそれを言い訳にしてるな、と。

結果を出すとか出さないとかじゃなくて

皆さんもそうかもしれませんが、趣味とかやりたいことって1つじゃないと思います。
私も同じで、書道以外にも絵や漫画を描くことだったり、英語の勉強だったり、本を読んだり漫画を読んだり、色々やりたいことはあるわけです。

そんな中で、書道にだけそこまで時間を費やせないというか、費やしたくないというのが本音です。

そこまで書道に打ち込んだら、絵を描く時間が減っちゃうじゃないか、というようなことを考えてしまいます。

ただ結局、やりたいことが多いのはいいとしても、そのどれもが中途半端だということに気がつきました。
勿論、趣味の定義は人それぞれでいいと思いますし、「結果なんて出なくても息抜きとして楽しめたらいい!」という位置づけも有りだと思っています。

でも、私は「絵や書を本当に好きだ!」とか言っている割に、全然本気で取り組んでいないことに疑問を感じたのです。
それは結果を出すとか出さないということではなく、自分の取り組み方の問題の話です。


スポンサーリンク



「趣味だから」で人生終わっちゃうんじゃないか

趣味という言葉を都合のいいように捉えて、「趣味だから」と中途半端なまま過ごしていると、結局何も究められないまま、私の人生は終わってしまうのではないかと怖くなりました。

「趣味だから楽しくやる」という考え方はあっていいと思いますが、「趣味だから中途半端でもいい」にはならないんじゃないかな、と思うわけです。


仕事よりも大切なこと、好きなことがあるって素晴らしいことです。

だから仕事よりも趣味に生きる、趣味のために使うお金を稼いでいるんだと割り切って生きることも、何も悪いことではありません。
私は現在販売員をしていますが、まさにそんな気持ちです。

でも、かと言って私はそこまで趣味に打ち込んでいるだろうか、ということを、このことを通して考えさせられました。

結局、絵も書もふわふわした感じで、どっちつかずで今日まで続けてきたような気がするのです。



仕事よりも趣味ややりたいことを。

そう考えていると、仕事は仕事。
だから必要以上のことはしたくない。
勤務時間外での勉強だったり、残業だったり。

でも、ここでも「だって仕事よりも趣味の方が大切だから」と趣味を言い訳にしてるんですよね。

結果として、大好きな趣味だけでなく、仕事も中途半端。


f:id:mos39:20190502205659j:plain

何もかもが中途半端なままで勿体無いことをしているなぁと、この出来事を通して痛感しました。


いつかは決心しなければならないこと

www.mos-note.pink

こちらの記事にも書きましたが、結局好きなことにのめり込んで、好きなことで評価されて、それが自分の全てになってしまうことが未だに怖いと思っていることも事実です。

でも、絵や漫画で生きていけるようになりたいという気持ちも数年前から芽生え始め、それについては日々模索している最中です。


今、書道で生きていこうという考えは、現段階では自分の中にないんです。

だから「趣味」という言葉を盾に、自分がやるべきなのであろうことから離れようとしていたのです。
でも、上の記事でも書いたように、私にとって書道は間違いなく必要なものなのです。

自分の将来に、いつか必要になる日が間違いなく来ると信じているからこそ、私は時々「しんどい」と思いながらも今も続けているのです。


でもこのままでは、大好きなこと全てが中途半端なまま終わってしまう…。
こんなに寂しく虚しいことはありません。

今思えば、高校進学の時も大学進学の時も、この決定から遠ざかり、時間の制限もあったことから「とりあえず…」で選んできました。


でも今は、「どうするか」「どうしたいか?」の結論を出すのに時間の制約はありません。

中途半端で終わらせたくないということに気づいた今、そろそろ好きなことに本気で人生をかける時が来たのだと思っています。


すぐにはどうこうできないかもしれませんが、中途半端なまま終わるのだけは嫌なので、今できること、やりたいことを全力でやることから始めようと思います。


▼「趣味」に関する他の記事
www.mos-note.pink
www.mos-note.pink




スポンサーリンク



#「迷い」と「決断」

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン〜りっすんブログコンテスト2019「迷い」と「決断」〜
Sponsored by イーアイデム

スポンサーリンク